TOP >マンション耐震に関するページ > 耐震のQ&A > Q11
 
雁行形式とは、どのような形式ですか?
   

雁行形式

マンションの建物の平面形状が、一住戸ごと、または数住戸ごとにずれている建物の形式を言います。

マンションの住戸ごとの独立性を高めたり、日照と通風を確保する為に、このような形の雁行型を取り入れたマンションが時々あります。 建物外観の表情に変化があり、お洒落な雰囲気があるため、設計者が好んで雁行型マンションを計画する事もあります。

雁行型の建物は、四角形に近い平面形状の建物と比較すると、梁や架構が不連続になり、大地震の時には、建物全体として踏ん張って持ちこたえる力が低下します。また、構造計算の仕方も、整形な建物に比較して複雑になります。

一般的に、雁行型建物は、整形な建物に比較して構造上の弱点となる部分が多くあります。

印刷される方はこちら(PDF) 
<< 前へ 次へ >>
 

マンション再生協会