TOP >マンション耐震に関するページ > 耐震のQ&A > Q9
 
梁間方向、桁行き方向とは何のことですか?
   
耐震診断などを行う時、建物の平面を長手方向と、それに直交する短手方向の二つの方向に分けて、それぞれの方向ついて、どの程度耐震性が確保できているか、確認します。  

通常、建物の長手方向(スパン割の多い方向)を「桁行き方向」、短手方向を「梁間方向」と呼んでいます。

マンションの場合、「梁間方向」は耐震壁となる戸境壁が多く配置され、柱梁構面の耐力が高くなっていますが、「桁行き方向」は、玄関扉やバルコニー掃出しサッシなどの開口部が多くあり、耐震壁となる部分が少なくなっています。このため、「梁間方向」に比較して、「桁行き方向」の耐震性が低くなります。これはマンションの建物構造の一つの特徴です。


印刷される方はこちら(PDF) 
<< 前へ 次へ >>
 

マンション再生協会