TOP > 修繕・改修のQ&A > Q7
 
耐震改修とは、どのような工事か?
   
耐震改修は、地震に対する安全性を向上させるため、全体のバランスをとりながら、柱の補強、壁の増設、鉄骨ブレースの設置などの工事を行うことです。
昭和56年以前の古い基準で建築されたマンションについては、耐震性能の不足により、耐震改修が必要となる場合がありますので、専門家による耐震診断の実施が望まれます。
専門家については、建築士の団体や(財)日本建築防災協会(財)ベターリビングなどに紹介してもらうことが考えられます。
耐震診断や耐震改修に対しては、地方公共団体が独自に補助を行っている場合があります。また、一定の要件を満たす場合には、耐震型優良建築物等整備事業が適用される可能性があります。
いずれについても、補助主体は地方公共団体になりますので、マンションが所在する地方公共団体に問い合わせてください。
 
 

マンション再生協会