TOP > 修繕・改修のQ&A > Q4-1
 
修繕の決議は、どのようにすればよいか?
   
大規模改修を実施するには、管理組合の集会における普通決議(全区分所有者の人数と、専有部分等の床面積割合に応じた議決権のそれぞれについての過半数の賛成)が必要です。
この決議は、工事内容、施工会社、工期、工事金額等について、工事請負契約をする直前に行うことが多いようです。
共用部分の大幅な変更を伴う改修の場合には、特別決議(3/4以上の賛成)が必要になりますが、これは管理規約に定めることにより普通決議(過半数の賛成)とすることができます。
これらの決議を行う集会には、規約において定められた、最低限必要な数(定足数)の出席者が必要です。
出席者が少ないと、決議が成立しませんので、出席できない区分所有者に対して、代理出席あるいは委任状、総会決議投票書(議決権行使書)の事前提出を働きかけましょう。
修繕工事を円滑に進めるためには、区分所有法において定められている、以上の手続きだけでは不十分です。
そこに至るまでの過程で、各区分所有者に対して、説明会等を開いて検討状況等を丁寧に周知・報告し、了解をとっておくことが大切です。
 
 

マンション再生協会