TOP > 修繕・改修のQ&A > Q25
 
改修にあたって、コンサルタントはどういう役割を果たすのでしょうか?
   

大規模修繕工事などのプロジェクトは、以下のようなプロセスを経て推進されます。
これらの「調査・診断 → 計画・設計 → 施工業者選定 → 工事・工事監理」の業務は、マンションの改修に習熟した専門家、建築家に業務を委託することが必要でしょう。
コンサルタントは修繕設計の段階で工事仕様書を作成します。
工事請負契約については、施工会社選定協力の段階で、見積条件書の中で契約条件等をうたい、総会で議決されたあと施工会社に請負契約書の内容、まとめ方を指導し作成させ、調印に立合います。
一般的に工事請負契約書は、契約書本文に工事請負契約約款、工事費内訳明細書、工事仕様書、設計図を添付して1冊にまとめ製本します。

 
 

マンション再生協会