TOP > 修繕・改修のQ&A > Q22
 
改修工事への専門家の関わり方に設計監理方式と責任施行方式があるとの事ですが、その特徴は、どのようなものか?
   

[設計監理方式]とは、調査・診断、改修計画・設計、工事監理を設計事務所等に委託し、改修工事は施工会社に請負わせる方式です。
一方、[責任施工方式]とは、調査・診断、計画・設計から、改修工事まで、一括して施工会社に委託、及び請負わせる方式です。
管理組合は区分所有者の合意を得て事業を推進していく必要があります。
多額の費用を要する工事を発注する際には事業の決定過程の透明性を高めておかなければなりません。
小口修繕や経常修繕、軽微な事故修繕や復旧工事など小額の工事発注は[責任施工方式]が一般的ですが、大規模修繕計画や団地屋外環境整備計画、総合的耐震改修計画、駐車場増設計画などの大きなプロジェクトを推進するには、発案から調査・診断、計画・設計、官庁等への諸申請、請負会社選定、工事監理などの業務を、工事施工会社と分離し、設計事務所等に「設計・監理方式」で委託するケースが多くなってきています。

 
 

マンション再生協会