TOP > 修繕・改修のQ&A > Q21
 
外断熱工法は、断熱効果が高いそうですが、改修工事で行なう場合、どの程度の効果が期待でき、 また、どのような課題があるのですか?
   
内断熱と外断熱
マンションの専有部分は蓄熱性が高い鉄筋コンクリート造の天井、床板(スラブ)や壁で囲まれています。
この鉄筋コンクリート造の躯体の室内側に断熱材を施す工法を「内断熱工法」、躯体の外側(屋外側) に断熱材を施す工法を「外断熱工法」といいます。
「内断熱工法」の場合、躯体温度が外気温度に近づき、寒暖の激しい環境では躯体の熱劣化が早まります。それに対して、「外断熱工法」の場合は、躯体温度が室内温度に近づき、温度変化は少なくなります。
屋上防水の「外断熱工法」は、内断熱の屋根防水改修時に外断熱防水工法を採用する例が増えています。現在では一般的な工法です。
躯体と防水層の耐久性を高め、屋根下の室内熱環境を安定させ、冷暖房効果を高め、省エネルギーにつながります。
屋上の外断熱化

 

(1)露出アスファルト防水工法
(内断熱)

(2)コンクリート押えアスファルト防水断熱工法(外断熱)




コンクリートスラブ上に直接アスファルト防水を敷設。
漏水箇所は比較的発見しやすく簡単に修繕が可能。
防水層は、外気にさらされ、劣化しやすい。

コンクリートスラブ上にアスファルト防水等を施し、これに断熱材を敷き込み現場打設コンクリートで押さえる。押えコンクリートは簡単に取外せない為、漏水等の修繕が困難。


スラブに蓄熱し、熱応力による躯体劣化が発生する。
直下に居室が有る場合、夏季の火照りや、冬季の結露被害は深刻である。

スラブに蓄熱しにくく、(1)露出工法より、断熱性、躯体の耐久性は優れている。

 

外壁の外断熱化
一方、外壁面は、今まで多くのマンションで「内断熱工法」が採用されてきました。これは、外壁面が屋根面ほどの日射を受けないため激しい温度変化がなく、冷暖房機の運転開始後、比較的早く冷暖効果が上がるために「内断熱工法」を採用してきた経緯があります。
しかし、下図のような範囲で厚みが十分に確保された断熱材が施されていないと結露がなくなりません。
断熱材の厚さが薄く、その施工範囲も少ない高経年マンションでは、外壁面で「外断熱改修」する工法が有効です。
外断熱改修工法には次頁の表のような工法があります。
外壁の外断熱改修工法

 

(1) 断熱吹付工法

(2) 断熱材ピンネット押え工法




外壁面に断熱材を吹き付けて仕上る。断熱吹付材には「発泡ウレタン」や「アルミナセメント系吹付材」などがある。

外壁面に断熱材(押出し発泡ポリスチレン系断熱材)を接着材+アンカーピン+ネットを利用して張り付け、ポリマーセメントモルタル左官材で押えて仕上げる。


断熱層の厚みに限界があり、押出発泡ポリスチレン等の断熱材程の断熱性能は期待できない。

断熱材の材質や厚みにより決まる。


塗膜形成であるため、従来の外観とは大きく変わらない。
仕上塗装が防水塗膜であるか、断熱材が吸水しない材質のものであること。防火認定の有無。

左官材料や塗装で仕上る為、従来の外観とは大きく変わらない。ナイロンプラグアンカーを使用しヒートブリッジを防止する。
断熱材を躯体に密着させることがポイント。



比較的安価。トップコートのグレードによる。
0.5万円/平方メートル〜

吹き付け工法により増大する。
0.8〜1.0万円/平方メートル

 

(3) GRC複合パネル工法

(4) 胴縁サイディング材仕上げ工法




外壁面にGRC複合断熱パネルを接着剤とアンカーピンを併用して張り付ける。GRC複合断熱パネルの表面を塗装仕上とする場合もある。

外壁面に胴縁を配して胴縁間に断熱材を置き、表面にサイディング材を張り空気層を設ける。サイディング材は押出成形セメント板等の不燃材とする。


断熱材の材質や厚みにより決まる。

断熱材の材質や厚みにより決まるが、空気層が断熱性能を向上させる。


GRCパネルは塗装する。パネル割付目地が外壁に現れる。
開口部などのパネルの納まりや、割付に工夫が必要。

割付目地が外壁に現れる。通常、仕上塗装を行なうが、仕上塗装済みのサイディングを使用する場合もある。
耐久性能、断熱性能など、信頼感が高い。



「断熱材ピンネット押え工法」と同程度
1.0〜1.2万円/平方メートル

比較的高価
1.5〜2万円/平方メートル

 
 
 

マンション再生協会