TOP > 修繕・改修のQ&A > Q2
 
長期修繕計画をどのように作成すればよいか。また、繕積立金額をどのように設定すればよいか?
   
長期修繕計画は、管理組合の責任で定める必要があります。しかし、自力での作成は難しいため、専門家に委託するのが一般的です。
大規模修繕等に関する豊富な実務経験をもつ専門家としては、専門業者や管理会社などが挙げられますが、(財)マンション管理センターも長期修繕計画の作成業務を行っています。
長期修繕計画の作成手順は次のようになっています。
(1) 修繕工事の項目ごとに、周期、仕様、工法を設定し、周期ごとに工事費を概算します。修繕工事の項目は、外壁の補修や塗装、屋上防水、給排水管の取替え等があり、それぞれ標準的な周期が決まっています。
(2) 約30年のスパンで、経過年ごとに、工事の時期を迎える修繕項目の概算工事費を合計します。こうして算出された各修繕工事の費用を賄うことができるよう、修繕積立金額を算定します。
(3) 設定した周期が経過しても、修繕はまだ必要ないことがあります。逆に、設定よりも早く実施する必要があることもあります。このため、およそ5年ごとに計画を見直しましょう。
(4) 長期修繕計画を見直す場合や、新たに作成する場合は、BELCAマンションドック制度などを活用し、建物診断を行った上で、現状に合った計画を作成する必要があります。
 
 

マンション再生協会