TOP > 修繕・改修のQ&A > Q10
 
阪神淡路大震災では、中低層の壁式コンクリート構造の被害等が少なかったと聞いております。 改修工事を検討するにあたって、耐震診断を考慮しなくてもよいですか?
   
中低層の壁式鉄筋コンクリート構造の建物は、基本的には全ての壁が耐震壁で、しかも床面積当りの壁量が多いため、元々、丈夫で地震に強いつくりです。
そのため1981年以前に建設された建物でも、新耐震設計法で設計された建物と同等以上の耐震性をもっていたものが多く、杭の被害はありましたが建物本体の破損などは殆どありませんでした。
必要壁量がバランス良く配置され、良好に維持管理された壁式構造の建物は、大地震時に[人命確保]でき、建物の損傷も非常に少ないと判断されます。
しかし、大幅な建物躯体の改変や、欠損・欠落がある場合、構造躯体の強度が不足する場合等には耐震診断が必要となりますので無条件で耐震診断不要というわけではありません。
 
 

マンション再生協会